給湯器の交換と水漏れによる水のトラブル

給湯器のお湯はお風呂場だけではなくキッチン、洗面台などでも使用しており、給湯器は生活に欠かすことのできない設備です。長く使用していると部品の劣化による給湯器の水漏れなど、水のトラブルが出る可能性があります。

■給湯器で起こる水のトラブル

給湯器のトラブルでは、異音が出たりお湯が出ないこともあります。一般的に給湯器の寿命はおよそ10年程度とされていますが、使用状況によって大幅に変動がみられる場合もあります。例えば地下水を使用していると、配管内へのミネラルが多く付着し劣化が早まります。また、1日当たりの使用時間や回数が著しく多い場合も、その分部品の消耗が早くなるため、一般的な寿命よりも早くトラブルが起こる可能性があります。


■10年使ったら本体交換も

10年近く給湯器を使っている人は、給湯器 交換が必要です。耐用年数が過ぎると内部の部品の劣化によって水漏れが起きることもあり、この場合は部品を交換することで再び使用できるようになります。しかし、給湯器が製造されて10年程度を目安に交換用の部品の製造が終了することが多く、部品が入手できなければ給湯器本体の交換が必要となります。冬場等は特に故障をすると困るので、専門業者から交換したほうが良いと勧められたら交換するのが良いでしょう。

■まとめ
給湯器のトラブルは突然訪れるものですが、その寿命は使用状況によって異なります。長期間使用した給湯器は水漏れなどの問題が起こる可能性もあるので、10年を目安に交換すると安全に使用できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ